化学調味料とは?危険性やアレルギーとの関係は?敏感舌な私の症状や実際の害!

スポンサーリンク

化学調味料とは?アレルギーとの関係性や症状について

化学調味料と聞いて何となく

  • 体に良くはないのかな?
  • 健康にがありそうだな

という風に感じる人は少なくないと思います。

 

私は化学調味料が合わない体質なので避けて生活していますが、よく友達や知り合いから

  • 化学調味料って一体何なの?
  • アレルギーと関係あるの?
  • 何が危険なの?

といった内容の質問を受けます。

 

花粉症やアレルギーの話題で、よくバケツやコップに例えられることがあると思います。

  • コップが満杯になった時、身体に症状として現れる。
  • コップの大きさは1人1人違うし、いつ満杯になるかは誰にも分からない。

という例えですね。

 

舌が敏感で少し不便な生活を送ってきた私が常々感じるのは、コップに余裕があるに越したことはないということです。

こちらの記事では「私のように不便な暮らしをする人があまり増えなければ良いな」という思いを込めて、化学調味料について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

化学調味料とは? 原材料ラベルの見分け方は?

化学調味料とは

  • グルタミン酸ナトリウム
  • イノシン酸ナトリウム
  • グアニル酸ナトリウム

のことを指します。

 

また

  • グルタミン酸ソーダ
  • グルそう(グルソー)

と呼ばれることもあります。

 

さらに、現代では

  • うま味調味料

と呼ばれています。

 

そして食品の原材料ラベルには

  • 調味料(アミノ酸等)

と表示されています。

 

大半の人、特にスポーツをする人にとってはアミノ酸は疲れを取り除いてくれる「良い物質」というイメージが浸透しているかと思います。

そのイメージから「調味料(アミノ酸等)」という表記を目にした時に、むしろ身体に良いものだという認識を持つ方も多いかもしれません。

アミノ酸系シャンプーも、髪や頭皮に優しいイメージですしね。

 

でもアミノ酸は身体に緩やかに作用しますが、人工的に作ったアミノ酸は自然界に存在しない物質である上に身体への作用が速くて負担が大きくなってしまいます。

 

 

みなさんが口にしている現代の食べ物のほとんどに

  • 調味料(アミノ酸等)

の表記があると思います。

 

他にも、みなさんが「すごく旨味が凝縮されてて美味しい♡」と感じている食べ物にはきっと

  • たんぱく加水分解物
  • 酵母エキス

が使われていて、原材料ラベルに表記があることも多いです。

 

それだけ化学調味料は日本の食卓に根付いていて、化学調味料が入ってないと「なんか物足りない」とか「美味しくない」と感じる人は多いようです。

スポンサーリンク

化学調味料だって元々は自然界にあるものじゃないの?

またグルタミン酸ナトリウムは、自然界では

  • 昆布
  • 煮干し
  • トマトなど

に含まれるアミノ酸の一種なので「自然界にもあるものじゃん」と言う人もいます。

 

しかし私は、化学合成されたものと昆布など本物の旨味は全くの別ものだと感じます。

 

こちらは英語ですが、英語がお分かりになる方はぜひ視聴してみてください。

(当ブログの立ち上げが落ち着いたら和訳を載せようと思っています。)

 

化学調味料の危険性やアレルギーとの関連性は?

化学調味料危険性アレルギーとの関連性について「少量だけ摂っている分には問題がない」という人もいます。

 

いくら化学物質は消化されずに体内に蓄積するといっても、ほとんどの人の寿命は100歳以下です。

先ほどコップに例えましたが、コップがいっぱいになる前に寿命を迎える人が多いでしょう。

 

グルタミン酸ナトリウムの悲しい性質として「味覚から過剰摂取を感知できない」というものがあります。

 

例えば砂糖や塩がてんこ盛りだったら「甘すぎる/しょっぱすぎる」などと味覚で気づきますよね。

しかし化学調味料は、ある程度の分量を超えると味覚が飽和状態になり、同じような味に感じるのです!

 

そのため入れ過ぎに気づきにくく、また調理する側も知らず知らずのうちに多く使ってしまいがちなのです(>_<)

無意識のうちにコップがどんどん満タンに近づいていって、ある日突然あふれる。

これが化学調味料の怖い点の1つなんですよね。

こちらの動画も英語です。

(当ブログの立ち上げが落ち着いたら和訳を載せようと思っています。)

スポンサーリンク

化学調味料とは?|まとめ

今回は、化学調味料について記事を書いてみました。

 

なるべくなら

  • 調味料(アミノ酸等)
  • たんぱく加水分解物
  • 酵母エキス

は避けた方が、不便な生活を送らずに済む確率が高まると思います。

 

見た目の綺麗さやイメージだけで野菜を摂ったから健康的だとか和食にしたから健康的だと安心するのではなくて、化学調味料についてもう少しだけ考えてみて欲しいです。


値段も時間も気にせずスローフードを楽しみ、PC1台で自宅/カフェなど好きな場所で働く美紀のプロフィールはこちら。
(私のもう1つのブログ「美紀ペディア」に飛びます)